こんにちは。

Another Meadowアナザーメドウです。

 

明日は立冬。「暦の上では冬のはじまり」と言われていますが、日中は陽ざしが気持ち良く、まだまだ秋を満喫したいものですね。

 

さて、今回のブログのタイトルにもある「ゆらぎ」。

このブログを読んでいる方の中には、「私にはゆらぎ期なんてまだ早い。」そう思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、いきなり訪れる心身の変化にも焦らず対応するためには、ゆらぎ期について理解しておくことが大切となります。

まずは自分の身体の変化に対し、「もしかして、これはゆらぎかも?」と気づくことが大切です。

 

このようなことはありませんか??

最近、いつもと調子が異なると感じる方は、以下の項目をチェックしてみて下さいね。

 

 

□月経前や月経中に身体が重く感じる

□月経の周期が短くなった

□月経の周期が乱れるようになった

□身体が温まらない

□良く肩がこる

□月経前に吹き出物が出やすく、治りにくい

□眠りが浅い

 

カラダ変化はそれぞれ異なりますが、上記にチェックが多く入った方はゆらぎの前兆かもしれません。

 

そもそもゆらぎ期はいつから?

ゆらぎ期の定義は以下の通りと言われています。

〇ゆらぎ期 対象年齢:40代後半~50代後半

〇プレゆらぎ期 対象年齢:30代後半~40代後半

 

ゆらぎはなぜ起こるの?

ゆらぎは女性ホルモンの変化によるものです。30代後半から閉経に向けて女性ホルモンの分泌量が徐々に減っていくことで心身に変化が生じ始めます。

 

「ゆらぎ期かな」と感じた時の対処法

ゆらぎは「なおす」のではなく上手に「向き合っていく」ことが大切です。

バランスの良い食事・適度な運動・ストレスを溜めずに気分転換をすることがカギとなります。

ゆらぎは自分のせいで起こるものではなく、誰もが通る道です。

プレゆらぎ期から心身の変化や乗り越え方を知っていることで第二の人生の始まりと言われるゆらぎ期を楽しく穏やかに過ごせるかもしれませんね。

次回のブログでは「バランスの良い食事」「ゆらぎ期にオススメする食事の工夫」についてご紹介いたします。参考にしていただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

阿蘇の美ネラルエクオールで第2の人生を輝く準備を

阿蘇の美ネラルエクオールは女性の「~たい!」を応援いたします。

食事では補うことができない栄養素を自然由来の原料でサポートいたします。

「思いやりと笑顔があふれる毎日を」をコンセプトに開発されたサプリメント。

現在、公式アンバサダー募集中です!

詳細は公式インスタグラムをご覧くださいませ。

こんにちは。

Another Meadowアナザーメドウです。

「生理前に肌荒れしやすい」
「生理前には便秘になりやすい」
など体調の変化を感じる人が多い生理前。

これは生理を起こすために分泌される、
女性ホルモンのバランスが大きく関わっています。
生理はそもそも、体が排卵して妊娠の準備をしていたが受精しなかった場合に起こるもの。

子宮は受精したら赤ちゃんのベッドにするために、子宮内膜を厚くして受精を待っています。
しかし受精しなかった場合には厚くなった子宮内膜が必要なくなるため、
一旦血液とともに排出されるしくみ。
これが生理のメカニズムなのです。

 

そしてこれは子宮の中だけで起こるわけではなく、
卵巣に排卵を促したり、子宮内膜を厚くしたりするのにはホルモンが大きく関わっています。

特定の女性ホルモンが分泌されることによって、
子宮や卵巣に司令が出され排卵や生理が起こっているのです。

 

しかしこの女性ホルモンの一部には、皮脂分泌や代謝を変化させる働きのあるものも。
そのため時期や分泌量によっては、肌が荒れたり便秘になったりということが起きてくるのです。

特に生理前に分泌される女性ホルモンのひとつ「黄体ホルモン」は、
肌荒れや便秘、むくみ、食欲増加など様々な体調の変化の原因となっています。

 

生理前の不調や生理痛は、女性ホルモンのせい。

 

そうなんとなく認識している方は多いでしょうが、
具体的にどんなホルモンが原因なのかは意外とわからないものですよね。

 

生理に関係する代表的な女性ホルモンは、
大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類。

 

「エストロゲン」(卵胞ホルモン)

このうち卵胞ホルモンは、排卵を起こすホルモン。
生理直前ではなく生理後〜排卵期に多く分泌されています。

 

「プロゲステロン」(黄体ホルモン)

そして生理前に分泌が増え不調の原因となっているのが、黄体ホルモンなのです。

 

とはいえ黄体ホルモンは決して悪者というわけではなく、
子宮内膜を厚くするなど妊娠の準備には必要不可欠。
もちろん生理を起こすためにも重要なホルモンです。

 

生理前にイライラや便秘、肌荒れが起こりやすいのは
黄体ホルモンの働きによるものが大きいんですね。

 

黄体ホルモンの分泌自体は、生理がある方なら必ず起こるもの。
しかし普段から規則的な生活をしているかどうかによって、
不調の度合いも個人差があるようです。

 

 

もともとホルモンバランスが乱れがちだったり、
疲れていたりすると生理前後でホルモンバランスの乱高下状態になってしまうことも。
そういった場合は生理前の不調を感じやすくなるでしょう。

 

日頃からホルモンバランスを整えておくことが、
生理前の不調に流されないカラダをつくってくれるんですね。