腸はわたしたちが食べたものの栄養素を吸収して余分な老廃物を体外へ排出させる。という役割があります。

また、腸は「第二の脳」とも言われ、脳に受けた不調は腸に現れ、腸に受けた不調は脳に現れるとも言われています。

「腸が変わると人生が変わる」とも言われるほど、健康に過ごすためには内側から身体環境を整えることが大切です。

今すぐ実践できる食事改善のヒントになれば幸いです♪

善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることが大切です。

 

腸の中に存在する善玉菌と悪玉菌。わたしたちの腸の中ではどのように働くかご存知ですか?

・善玉菌が増えることにより悪玉菌の繁殖を抑えます。

・悪玉菌が増えることにより便やガスの排出運動が悪くなります。

これを読んだ方は「悪玉菌はわるいもの」と思われたかもしれませんが、

善玉菌だけ増やせば良いというものではなく、双方のバランスが大切です。

つぎに、善玉菌を増やすための食事の工夫をお伝えいたします♪

善玉菌を増やすために①

漬物、キムチ、チーズなどの発酵食品を摂取する。

発酵食品は乳酸菌が豊富に含まれています。

味噌や醤油・納豆などの発酵食品を使用する頻度が高い「和食」を普段から献立に組み入れることもオススメいたします。

善玉菌を増やすために②

食物繊維を多く含む食品を摂取する

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、それぞれバランス良く取り入れることが大切です。

・水溶性食物繊維は体内細菌のエサになり、善玉菌を増やします。

多く含むもの…りんご、みかん、わかめ、ひじきなど

・不溶性食物繊維は腸内で水を吸収して膨らみ、便のカサを増やすことで排便を促します。

多く含むもの…ごぼう、こんにゃく、大豆、きのこ類など

善玉菌を増やすために③

食物繊維を多く含む食材の中でもオリゴ糖を多く含む食材を摂取する

多く含むもの…バナナ、りんご、たまねぎ、オクラなど

お腹をすっきりさせたいときは、これらの果物を小鍋にいれて少弱火でコトコト煮込んだものを食べることをオススメいたします。

果物を過熱することにより果物に元々含まれているオリゴ糖が増えるためです♪

まとめ

内側から身体を整えることは難しいことではなく、普段の食事を工夫することにより実践できることがわかっていただけましたか?

また、適度な運動としっかりとした睡眠をとることも大切です。

「腸が変わると人生が変わる」大げさかもしれませんが、わたしたちが健康に過ごすためにもいたわりたい臓器です。

今日から食材選びの際は中から綺麗になれる食材を意識してみてはいかがでしょうか?

「頑張りたいけれど、心も身体も思うように動かない。」そんなことはありませんか?

ゆらぎ世代といわれている女性はバランスが変わることによって、身体にあらゆる変化が起きることがあります。

さらに、プレゆらぎ世代では、大きな仕事を任されたり、家庭では家事や子育てが忙しかったりと身体にかかる負担が大きいため、早いうちからの対策が大切です。

ゆらぎ時に是非取り入れたい大豆製品に注目し、「できることから始める」食事の工夫術をお伝えいたします。

ご参考になれば幸いです(^^)

大豆がゆらぎ世代にオススメな理由

ゆらぎ時に積極的に是非取り入れていただきたい食材として注目したいのが「大豆」です。

なぜなら、大豆には女性を支える力のあるイソフラボンが豊富に含まれているからです。小さい一粒にも私たち女性のパワーの源が詰まっているのですね!

また、ホルモンバランスの変化に対応するためにはバランスの良い食事を1日3食摂ることが基本です。

ですが、体調がすぐれない中でバランスの良い食事を作るというのは非常に大変なこと。

そこで、簡単にゆらぎをケアするために実践していただきたいのは日ごろの使用食材をできるところから大豆製品に置き換えるということです。

大豆製品を料理に入れることのメリット

大豆は「畑の肉」とも言われるほど良質な植物性タンパク質を多く含みます。

また、タンパク質をはじめ、脂質、糖質、ビタミンB1、ビタミンE、葉酸、カルシウム、食物繊維などの様々な栄養素などが豊富に含まれています。肉に比べて、高タンパクではありますが低カロリーであることも嬉しいですね!

食の欧米化が進み、ゆらぎの救世主ともいえる大豆製品離れが多いのも事実。

外食を控えて豆腐や納豆、味噌、醤油などの大豆製品を使用する頻度が高い「和食」を献立に取り入れていきたいものです。

家庭では大豆の煮ものなどのように副菜で使用することが多いですが、メインの肉や魚の代わりに大豆製品を使用することもオススメいたします。

最近では大豆ミートが人気ですね♪「ミート」という名の通り、調理法によってはお肉と気づかないことも?

大豆製品を上手に扱うためのポイント

普段使用している食品などを大豆製品へ置き換えるにあたり知っておくと便利な

プチ知識をお伝えいたしますので参考にしてください。

・牛乳を豆乳へ置き換える場合ですが、調整豆乳は飲みやすくするために砂糖を添加しています。なので、料理へ使用する際は砂糖の量を減らすと良いでしょう。

・豆乳は過熱しすぎるとタンパク質が分解するため、食感が悪くなります。

シチューなどの料理へ使用する際は一気に過熱するのを控えることと、酢と食塩を控えることもポイントです。

味噌との相性が良いので食塩の代わりに味噌で味付けすることをオススメいたします♬今晩にお野菜たっぷり具沢山豆乳味噌シチューなどはいかがですか??

最後に

ゆらぎ世代の身体の変化は、気分の浮き沈み、体重の増加、暑さと冷えを繰り返す、汗をかきやすいなど人によって様々です。

冒頭でもお話しましたが、これらは女性のバランスの変化によるもので自分のせいではないということ。誰にでも起こりうることである。というも頭の片隅に置いておくと楽に過ごすことができるかもしれません。

忙しい日々の中でも女性がイキイキと輝くためにも大豆製品を上手に使った頑張らない食事や運動を取り入れ、まずは「できること」からはじめませんか?