前回のブログでは、ゆらぎを乗り越える際に大豆製品で手軽に食事を工夫することをオススメいたしました。

ですが、まずは自分の身体の変化に対し、「もしかして、これはゆらぎかも?」と気づくことが大切です。ゆらぎ期の定義は以下の通りと言われています。

ゆらぎ期 対象年齢:40代後半~50代後半

プレゆらぎ期 対象年齢:30代後半~40代後半

いきなり訪れる心身の変化にも焦らず対応するためには、プレゆらぎ期について理解しておくことが大切となります。

「ゆらぎ期かな」と感じた時の対処法

ゆらぎは「なおす」のではなく上手に「向き合っていく」ことが大切です。

食事以外では身体を動かすこと、気分転換をすることがカギとなります♬

〇運動する習慣をつける(ストレッチやウォーキングなど)

〇睡眠時間の確保、趣味の時間を楽しむ、ストレスを溜めない、深い深呼吸を意識する

ゆらぎは閉経に向けて女性ホルモンが変化することにより起こると言われています。

最近、いつもと調子が異なると感じる方は、以下の項目をチェックしてみて下さいね。

このような症状はありませんか?

□月経前や月経後に身体が重く感じる

□月経の周期が短くなった

□月経の周期が乱れるようになった

□身体や顔が熱く感じる

□汗をかきやすい

□寝つきが悪い

□イライラする

どうでしたか?項目がいくつか当てはまった方は、自分の身体と向き合うことを始めてみてはいかがでしょか。

おわりに

近年では、若い世代でも極度に身体を冷やしたり、食生活が乱れたりすることによって女性ホルモンが変化するとも言われています。

クーラーが効くこれからの季節は特に注意が必要です。室内外による温度差に身体が対応できるように常日頃から「首・手首・足首」3つの首を暖かくするのもオススメです♬

何度もお伝えしていますが、ゆらぎは自分のせいで起こるものではなく、誰もが通る道であるということ。

プレゆらぎ期から心身の変化や乗り越え方を知っていることで第二の人生の始まりと言われるゆらぎ期を楽しく穏やかに過ごせるかもしれませんね。

こちらのブログでは、健康で人生を楽しく過ごす女性の皆さんを応援いたします。

今後も参考にしていただければ幸いです。

ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

生理不順(月経不順)とは?

女性の月経の周期は、個人差はありますが、約1ヵ月のサイクルの繰り返しとなっています。
一般的な月経周期は、25~38日ごとに、周期の変動は6日以内で、持続日数が3~7日のものを指します。この条件のうち1つでも当てはまらないものがある場合を、生理不順、あるいは月経不順と呼びます。 

生理不順(月経不順)の原因は?

生理不順となる原因にはさまざまなものがありますが、その中でももっとも大きな原因としては「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。
通常、月経は卵巣ホルモン、黄体ホルモンといった女性ホルモンによってコントロールされています。これら女性ホルモンの分泌は、脳視床下部、脳下垂体、卵巣の3つの器官が連携して行っており、正常に機能していれば、月経が開始されます。
逆に言えば、脳視床下部、脳下垂体、卵巣のうちのいずれか1つにでも異常が起こると、月経が開始されなかったり、周期が乱れたりといった問題が発生します。
脳視床下部は、ストレスの影響を受けやすい器官です。家庭、職場、学校などでの精神的ストレスから視床下部の働きが乱され、ホルモンバランスが崩れて生理不順になることもあります。
また、激しい運動や無理なダイエットも生理不順の原因となることがあります。 

生理不順(月経不順)の種類

 

稀発月経(きはつげっけい)

月経周期が長く、39日以上に及ぶ場合は「稀発(きはつ)月経」に分類されます

徐々に周期が長くなるケースもあれば、突然周期が長くなるケースもあります。卵巣の働きが不十分であり、ホルモンが正常に分泌されていないことが原因と考えられています。

頻発月経(ひんぱつげっけい)

月経周期が短く、24日以下という場合には「頻発月経」に分類されます。

周期が24日以下ということで、1か月の間に2回生理になる方もいらっしゃいます。
稀発月経と同様、卵巣の働きの不十分によってホルモンバランスが乱れている可能性が高いと言えます。

過長月経(かちょうげっけい)

月経の期間が長く、8日以上続く場合には「過長(かちょう)月経」に分類されます。脳視床下部、脳下垂体、卵巣のいずれかの期間に問題を抱え、無排卵周期や黄体ホルモンの分泌不十分などが起こっている可能性があります。

過短月経

月経の期間が短く、2日以内に終わってしまう場合には「過短(かたん)月経」に分類されます。
経血量が異常に少ない「過少月経」を併発しているケースがよく見られます。
原因としては、女性ホルモンの分泌量が少ないための起こる子宮内膜の厚み不足、子宮そのものの発育不全などが疑われます。

更年期前の生理不順

女性の場合、35歳前後より、徐々に卵巣の機能が低下していきます。更年期前(30代後半以降)に月経周期の乱れや経血量の減少、ほてりやイライラ、不安感など、カラダにや心に不調を起こす人も多いです。このような症状が見られれば、閉経に向けた身体の変化がすでに始まっている可能性があります。
更年期が早まる可能性がある場合には、不足している女性ホルモンの量を補うホルモン補充療法を行うこともあります。

以上、大きく4つに分類しました。

生理不順といっても色々な症状や種類があるということが分かります。

よく耳にする「なんとなくの不調」や「ゆらぐ体調」などは最後の更年期前の生理不順に分類されることが多いです。更年期からくる不調の対策としてあげられる女性ホルモンの量を補う「ホルモン補充」について解説します。

ホルモン補充療法(別名HRT)は、病院で行う病気の治療法の1つです。
なんとなく更年期のような症状はあるけれど、薬を処方されるほどの症状ではないとか、何らかの理由でHRT(ホルモン補充療法)は使えない場合(例えば、乳がんや子宮がん)は、ホルモン補充としてエクオールを取り入れるという代替療法もあります。

このエクオールという成分は大豆の栄養素の中の1つで、自身の腸内細菌と混ざることで生まれる成分です。

エクオールは女性ホルモンによく似た働きをするので、日々の安定や不調の改善に役立つといわれています。

大豆を食べて腸内細菌と混ざり合うことでエクオールという成分が生成されますが、腸内細菌の状態によって作れる人、作れない人がいます。日本人は約50%(2人に1人)しか自力で作ることができないと結果がでています。

エクオール生成の検査キットも市販されていますのでご興味がある方はぜひ一度チェックしてみてください♪

エクオールが多い人ほど、生理の症状が軽い、不調が少ないというデータもあります。

前回の記事にもエクオールについて書いていますので、ぜひご覧ください🥰

「更年期の不調や月経不順への対策として、医師にエクオールのサプリメントを提案されたので使い始めた」という女性の声が増えてきました。ちょっとした不調を見逃さず、自分自身を大切に毎日を健康に明るく過ごしましょう☺

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

本日は、「更年期あるある」について調べたことを書きます!

まさかこんなことも更年期の症状なの!?と驚く項目も多数ありましたので

ぜひチェックしてみてください!

午前中

☑目が覚めたのになかなか起きられない

☑朝からいい天気でもやる気が起きない

☑家事や仕事中、普通に働いているだけなのにドキドキする

☑いつもと同じ決まりきった仕事や家事に以前より時間がかかった気がする

☑電車の中で周りは涼しげなのに自分だけカッとのぼせる感じ

☑最近お化粧のノリが悪い

午後

☑以前では有り得ないミスを仕事でしてしまう

☑時間があいた時にふと考え事をしてしまい不安になる

☑パソコンやスマホを見ていると以前より目が乾く

☑食事中なぜか汗が止まらない

☑今まで気になっていなかったことに無性にイラっとする

☑ちょっとしたことでもくよくよしたり涙もろくなったりする

☑鏡を見ると気分が落ち込む

☑料理をするのがなんだか面倒

☑お風呂に入ると天井がぐるぐる回る感じ

☑疲れているのに布団に入ってもなかんか眠れない

☑寝汗?夜眠れない…何度も起きてしまう

☑なんか体型が変わった

いかがでしょうか?

少しの異変や体調の変化を見逃さず、しっかりと対策、改善を行いましょう!

不調が改善されたら、毎日がもっと”ラク”になるはずです!

改善方法は大きく分けて4種類

足したり引いたりしながら、自分に合った改善策を探していきましょう♪

①食生活でケアする

②運動でケア

③病院に相談する

④サプリメントを取り入れてみる

本日は、①食生活でケアをするについて書きます♪

更年期の女性はどのような食事を心がければ良いのか?


更年期には、女性ホルモンの急激な減少の影響により、さまざまな不快症状が現れることがあります。
又、エネルギー、脂質、骨の代謝も変化し、栄養が過剰あるいは欠乏状態になりやすく、心身の健康バランスをくずしやすくなります。
そこで、更年期の女性に適した食事や食生活とはどんなものか?という問いに対する答えを突き詰めていくと、

やはり「バランスのよい食事」が一番肝心である、という答えにたどりつきます。
私たちは「○○さえ食べていればよい」というような魔法のように体に良い食べものを検索し、期待しがちですが、改めて健康に必要な栄養素を確認していくと、バランスよく食べることがいかに重要であるかがわかるはずです。

下の図は一般的な健康な人を対象とした「食事バランスガイド」ですが、更年期の女性の食事指導にもよく活用されています。
自身の食生活が乱れていないかガイドと見比べてみましょう。

食事バランスガイド」について:農林水産省

主食

ご飯、パン、麺類、餅など

主菜

肉類、魚介類、卵類、大豆製品などを使った料理

副菜

緑黄色野菜、淡色野菜、海藻類、きのこ類、山菜類、芋類、豆類などを使った料理

汁物

味噌汁やスープなど

その他

果物、牛乳、乳製品などを組み合わせて

積極的に取り入れたい食材

 

大豆食品を多く取り入れる

女性ホルモンと似た働きをする成分として注目されているのが、大豆イソフラボン。
大豆は食物繊維やオリゴ糖も多く含み、加齢とともに乱れがちな腸内環境を整えてくれる上、骨を強くするカルシウムも豊富です。

女性のカラダすべてに影響する女性ホルモンを考えるなら

大豆イソフラボン

女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンは、大豆の胚芽部分に多く含まれてます。(抗酸化物質の1種)

いつまでも女性らしく過ごすためには、毎日の食事に大豆製品を取り入れるとよいでしょう。

大豆には、大豆イソフラボンだけでなく、たんぱく質やビタミンミネラル、食物繊維など女性に嬉しい成分が豊富に含まれています。加工食品も多いので(納豆や豆腐、おからなど)調理法を工夫すればバライティに富んだメニューを作れます。

女性ホルモンに似た働きをする”エクオール”

エクオールとは、大豆イソフラボンの中の1種が腸内に入ることで変換される成分です

女性のバランスにとても重要な役割を占めています。詳しくは前回の記事を参照ください

 

今日は更年期障害あるあると改善策「食生活ケア編」でした

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします☺